管理業務主任者試験 | どうして過去問の検討が必要なのか?

過去問をチェックすることがなぜ必要か?

スポンサーリンク

 

そして、管理業務主任者試験の
短期一発合格を目指すうえで欠かせないのが
過去問を徹底的にこなすということです。

 

 

どの講師も、管理業務主任者や宅建試験を受ける際は
過去に出題された問題(過去問)の重要性を
口を酸っぱくして説きます。

 

 

でも、なぜそんなに
過去問をこなすことが大事なのでしょうか?

 

 

そもそも、管理業務主任者試験は
何のために行われるかご存知ですか?

 

 

というか、まず管理業務主任者とは具体的に
何をするための資格かご存知でしょうか?

 

 

管理業務主任者とは
管理組合とマンションの管理委託契約を結ぶ際に、
契約に関する重要事項の説明を行う専門家です。

 

 

マンション管理委託契約においては本来、
区分所有法や民法などの法律の知識や
マンションの構造・設備の知識や
マンションの維持・修繕の知識などが必要ですが、
マンション管理のシロウトの集まりである
管理組合がそんなことに詳しいわけがありません。

 

 

そうなると必然的に
「プロ 対 シロウト」の図式になり、
プロに都合のいい契約にして
シロウトが泣きを見る結果になります。

 

 

そうならないように、
ある一定の専門知識をもった人に
重要事項説明をさせることを義務づけたのが、
平成13年施行の「マンション管理適正化法」です。
そうして、管理業務主任者が生まれたのでした。

 

 

そして、この重要事項を説明するのが
管理業務主任者の仕事なら、
「管理業務主任者試験」は
何のために行われるのでしょうか?

 

 

それはもちろん、
重要事項説明するための知識を
持っているかどうかを確認するため
です。

 

 

それでは、管理業務主任者試験の
過去問とは何なのでしょうか?
それは・・・

 

重要事項説明をするための知識を問う試験で
過去に問われた経歴のある、重要な論点

 

です。だから重要なんです。

 

 

マンション管理委託契約で説明する重要事項なんて
そうコロコロ変わるものではありません。
昨年重要だった部分は、もちろん今年も重要です。
来年も再来年もおそらく重要です。

 

 

ですから、過去問を解いて解いて
「血肉」にしていくことが
管理業務主任者試験対策では重要なのです。
過去問の検討をせずに本試験に臨むなんて
ナンセンスもいいところです。

 

 

ですから、過去問は繰り返しこなしましょう。
過去問に慣れてくると、徐々に出題者の意図や
クセみたいなものが見えてきます。
そうなればこちらのものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>なぜ模擬試験が必要か? 次のページへ

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る