管理業務主任者試験 | どういう順番で勉強するのが良いか?

宅建・管業試験をどういう順番で勉強すべきか?

スポンサーリンク

 

次に、
どういう順番で勉強をするべきか?
についてご説明します。

 

 

やはり宅建・管理業務主任者試験にも
効率的に勉強できる順番があります。
というのも、日本には四季があり
それぞれの季節にはイベントがあったり
気候が異なったりします。

 

 

そういったことも考慮に入れて、
宅建・管理業務主任者試験の
ダブル最短一発合格のためのスケジュールは
以下の通りです。

 

 

4〜5月・・・宅建

 

6〜8月中旬・・・管理業務主任者

 

8月中旬〜10月中旬・・・宅建

 

10月中旬〜11月・・・管理業務主任者

 

 

ひとまずざっくり、
どちらの試験の勉強をするべきかを並べてみました。

 

 

もちろん、
それぞれの季節を選んだ理由はあります。
それに加えて、1つめの時期と2つめの時期の
宅建・管理業務主任者の
勉強内容や方法はかなり異なります。

 

 

それでは次章より、
それぞれの時期でどのような勉強をすればいいかについて
ご紹介いたします。

 

 

と、その前に
大変重要な話を致しますと・・・

 

 

勉強方法は合わせて2種類!

 

 

勉強には大きく分けて2種類あります。

 

 

それは、

 

インプットアウトプット

 

です。

 

 

それぞれの意味は、

 

インプット=知識を頭に叩き込む勉強

 

アウトプット=得た知識をもとに問題を解く勉強

 

です。

 

 

これらをどのタイミングで行うか
合否をわけるカギになります。
また、インプットだけで試験に臨んでも
アウトプットだけで試験に臨んでも
おそらく合格しません。

 

 

とくに受験生の傾向としては、
インプットのみで勉強した気になって
そのまま問題演習をせずに試験に臨む人が、
驚くほどいます。
そういう人は、本試験で自分の実力を
半分くらいしか発揮できず大敗します。

 

 

インプットとアウトプット。
それぞれをバランスよく行って
初めて合格できる実力が付きますので
その点をしっかり意識していてください。

 

 

それでは前置きが長くなりましたが、
次章からそれぞれの勉強の期間に
どんなことを意識して、
どんな内容を勉強するべきかをご説明します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る