管理業務主任者試験 | 2資格は日程が程よく近いのです!

2つの試験の日程がほどよく近い!

スポンサーリンク

 

次に宅建・管業ダブル受験のメリットは
2つの試験の日程が「ほどよく近い」
ことがあげられます。

 

 

ちなみに、宅建の試験日は例年、
<10月の第3日曜日>
管理業務主任者の試験日は例年、
<12月第1日曜日>です。

 

 

宅建を受けた約1か月半後に
管理業務主任者試験があるというわけです。
怒涛の宅建の試験勉強のあと、
まだ法律知識がまだ残っている状態で
管理業務主任者試験に臨めます。

 

 

そして、この1か月半という期間が
実に絶妙なんですね。
宅建試験が終わって、
まぁだいたい1週間くらいは
勉強疲れを引きずってしまうものです。

 

 

そしてその疲れがだいぶ抜けきったころ、
再び管理業務主任者試験に向けて
集中して勉強を始められます。
それからでも本試験まで、1か月以上あります。

 

 

それだけあれば、すべての範囲を復習して
過去問を1〜2通りはこなすことができるでしょう。
気持ちを管理業務主任者試験に100%向けるために
実にちょうどいい期間が設けられています。

 

 

まさにダブルライセンス向けの日程ですね。
そして、どちらも
年内で決着がつく点も魅力的です。
年末・年始でゆっくり勉強疲れを
癒すことができますね。

 

 

もちろん、自己採点で合格予想点
ギリギリだった人にとっては
お正月も気が気ではないかもしれませんが・・・

 

 

そうならないために、しっかり勉強しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る