管理業務主任者試験 | 宅建とダブル合格しよう!

宅建・管理業務主任者試験ダブル合格のススメ

スポンサーリンク

 

前述のとおり、
私は「宅地建物取引主任者試験」と
「管理業務主任者試験」に
ダブル合格しました。

 

 

さて、このように私は
管理業務主任者試験と宅建試験に
ダブル合格したわけですが、
2つの試験に合格するために、
2倍の努力をしたかというと、
決してそんなことはありません!

 

 

はっきり言って、管理業務主任者試験と
宅建資格のダブルライセンスは
2つ合わせて1.5倍ほどの努力で足ります。

 

 

なぜ、そのようなことが言えるのでしょうか?
それは・・・

 

@試験範囲が、「かなり」かぶっている

 

A試験日程が1か月半しか離れていない

 

からです。

 

 

また、実際に不動産業界で仕事をする場合、
管理業務主任者を受けるなら、
宅建をも一緒に合格しておかないと、間違いなく損です。

 

 

それはなぜでしょうか?
上記@・Aのような、試験戦略上のこともありますが、
それよりも・・・

 

Bこれからの不動産業界の実務において、
宅建と管理業務主任者の2つのライセンスをとっておくことは
【必要最低条件】だからです。

 

 

それでは次章では、
宅地建物取引主任者試験の概要について
ご説明します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る