管理業務主任者試験 | 管業の年収とは?

管理業務主任者の年収ってどれくらいなの?

スポンサーリンク

 

管理業務主任者は前述のとおり
マンション管理士とは違って、基本的には
企業に勤めて仕事をするための資格です。
(自分で管理会社をつくれば独立自営ですが・・・)

 

 

ですから、サラリーマンという立場上、
自分の収入をコントロールすることは難しいでしょう。
もちろん仕事でコツコツ実績を作り、
出世して年収を上げることは可能かと思いますが、
その判断はあくまでも、会社にゆだねられます。

 

 

それでは管理業務主任者は、具体的に
どのくらいの収入(年収)を稼げるのか?
ということですが、
マンション管理に関わる13社(上場企業)で働く人の
平均年収を算出したところ、
「410万円」という数字が出ました。

 

 

この「410万円」の年収をどうとらえるか・・・
正直、それほど高収入とは言えませんね。
平均的なサラリーマンの年収の額でしょう。
贅沢しなければ、きちんと食べていける金額です。

 

 

それでは、ちょっと視点を変えて、
「マンション業界全体」を考えてみましょう。

 

 

前述のとおり、不動産に関しては
「管理」の重要性が認識されています。
「マンション管理の適正化の推進に関する法律」
というものが施行され、
「マンション管理士」と「管理業務主任者」という
新たな資格が生まれたのでしたね。

 

 

ですから、これから
マンション管理業界自体は、間違いなく
<安定・飛躍>していくことが予想されます。

 

 

また、上記の年収もあくまで目安です。
実際に年収が高い会社なら、資格手当も含め、
「600〜800万円」のところもあります。
仮に収入が少ないと感じたとしても、
仕事で実績を作って行けば、
様々な会社に転職できる可能性が高く、
うまく食いつないでいくことも可能でしょう。

 

 

もちろん、弁護士や司法書士などの
難関国家資格を持つ専門家の中には、
独立開業して年収5000万円〜数億円という
スタープレイヤーも存在します。

 

 

独立系の資格の人たちは
仕事をすればするほど収入を得られるので
上を見上げれば、天井知らずで
年収を稼いでいる人がいます。

 

 

しかし下を見れば、
そんな難関国家資格の合格者たちの中にも、
年収200万円代の弁護士だったり、
カップラーメンばかり食べている
「ワーキングプア・ロイヤーズ(法律家)」
といった人たちが存在しているのも
まぎれもない事実です。

 

 

また、独立開業系の資格を取った場合、
その人の営業努力やコネクションにもよりますが、
実際に事務所を構えて営業を開始してから
食べていけるだけの収入を確保するまでは
かなりの時間がかかります。

 

 

その点、管理業務主任者は
試験に合格して、登録してから
その資格を手土産に不動産会社に入社すれば
翌月から安定した収入を確保することができます。

 

 

ですから、管理業務主任者の
410〜800万円という年収を、
多いとみるか少ないとみるかについては
単純に金額だけを見て判断はできません。

 

 

それだけ、
「手に職を付けたサラリーマン」というのは
現在のような不況の世の中においては
弁護士や司法書士、弁理士、行政書士といった
高度な知識を持った専門家と同じくらい
魅力的なのです。

 

 

このように、管理業務主任者は
堅実な資格であり、
経済が不安定な今の日本においてはとくに、
かなりの可能性を持った資格です。

 

 

おそらくあなたにとっても、
貴重な時間と手間とお金をかけてでも
取得しておく価値は十分にある資格だと思いますが
いかがでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る