管理業務主任者試験 | 通信講座のメリットとデメリットは?

Q.通信教育で勉強することのメリット・デメリットは何ですか?

 

予備校に通う時間は取れないのですが、独学では心もとないので、通信教育で勉強しようと考えています。

「通信講座」で勉強することのメリットとデメリットを教えてください。


 

スポンサーリンク

 

通信教育は、独学と予備校通いの
両方の特徴を兼ね備えた勉強方法です。
私が一番オススメする勉強方法ですね。

 

 

通信教育では、各受験機関が
過去の出題傾向などをしっかりと分析しており、
それらをもとに作られた教材を使って勉強するので、
要点を絞った勉強が可能です。

 

 

それでいて費用は、一般的な予備校(通学)の
3分の1〜半分程度で受講できます。

 

 

またユーキャンなどは、
課題を添削してアドバイスをくれたり、
資格学校のTACやフォーサイトは
インターネット動画やDVD、CD、スマートフォンなどで
通学講座さながら臨場感のある講座を受けられたりと、
そのクオリティは年々進化しています。

 

 

また独学のメリットである、
自分のペースで勉強できる
ことは通信教育にもあてはまり、
忙しいビジネスマンや学生・主婦の方も
あいた時間で効果的に勉強ができます。

 

 

また、学習に疲れたら、ストップボタンを押せば
自由に休憩をいれることができます。
15分くらいの仮眠を挟むこともできます。
これが講師による生講義なら、
仮眠をとっている間も授業はどんどん進んでいきます。

 

 

デメリットは、「独学」で勉強する場合と同じく、
自分でスケジュールを決めて勉強をする必要があり、
モチベーション維持に工夫が必要な点です。

 

 

また、予備校ほどではないにせよ、
受講料がかかってしまう点も
デメリットと言えなくもありません。

 

 

ただでも、それくらいでしょう。
人にもよりますが、私の所管では
プラスのほうが多いと思います。

 

 

 

前述のとおり、「通信教育」は
独学と予備校通いの良いところを併せ持っており、
忙しい現代人に適しています。
多くの人にオススメの勉強法です。

 

 

私が個人的におすすめする学習の形態も
やはり「通信教育」です。
現在の日本では、IT技術の発達により、
自宅でも簡単に生講義とそん色ない講座を
受講できるようになりました。

 

 

自宅でハイクオリティな講義を受けられるなら、
わざわざ予備校に通う理由はあるのでしょうか。
家と予備校とを往復する時間があるなら
自宅で過去問の一つでも解いたほうが
よっぽど合格に近づけます。

 

 

「一人で勉強するよりも、仲間がいたほうがいい」
ということを言う予備校スタッフもいますが、
基本的に、勉強は一人でするものですし
キズをなめあう仲間がいくら増えても
合格は1ミリも近づきません。

 

 

ぜひ「費用対効果」の素晴らしい
現代の通信教育を調べてみてください。

 

>>管理人おすすめの通信講座 次のページへ

 

 

通信のメリットは、費用対効果が抜群に良く、
予備校までの往復の時間を節約でき、
それでいてクオリティの高い教材で勉強できる点です。
通信教育のデメリットは、独学と同じく
モチベーション維持に工夫が必要な点です。

 

 

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る