管理業務主任者試験 | 独学のメリットとデメリットは?

Q.独学で勉強することのメリット・デメリットは何ですか?

 

本屋さんのテキストを買って自分の力で勉強をはじめようと思います。

そこで、「独学」で勉強することのメリットとデメリットを教えてください。


 

スポンサーリンク

 

独学のメリットは、なんといっても
少ない金額で勉強をスタートできることです。

 

 

テキストと過去問題集があれば、
とりあえず勉強を開始できるので、
出版社にもよりますが、
だいたい3000〜8000円くらいで勉強をスタートできます。

 

 

数万円、学校によっては十万円以上かかる
予備校や通信教育に申し込むことを考えれば
格段に安いですね。

 

 

また、これは通信教育にも言えることですが、
その日の体調や予定に合わせて、
勉強時間や進度を調節することができること
独学のメリットです。

 

 

やはり人間ですから、長い勉強生活において、
「ちょっと仕事で疲れたな〜」という日もあれば、
「今日はバリバリ絶好調!」という日もあると思います。

 

 

そういった、
日々のコンディションに合わせて、
勉強開始時間や進度を自由に変えられるのは
独学のメリットだと思います。

 

 

 

逆にデメリットは、
試験合格に直結する重要な部分
間違えても合否に何の影響もない不必要な知識
自分で取捨選択しなければいけないことです。

 

 

というのも、書店でテキストを買ったり、
立ち読みしたことがある人などはわかるとおもますが、
一般書店で市販されているテキストは、
情報量がやたら多いです。

 

 

というのも市販のテキストは、
講義ありきのスクールテキストと違って、
そのテキスト内で必要な知識を
すべてカバーしないといけないため、
どうしても情報量が多くなってしまうんですね。

 

 

たとえば、
過去10年で1度や2度しか問われていない論点や
「知っておいて損はない」レベルの内容も
横並びでビッチリ書いてあったりします。

 

 

そのテキストを使って、真面目にコツコツと、
隅から隅まで勉強してしまうと
かなりの時間をムダにする結果になります。

 

 

また、テキストの情報量が多いことから、
また孤独な学習期間においてウンザリしてしまい、
モチベーションが下がってしまいがちです。
独学する人には、
モチベーションを保つための工夫が不可欠です。

 

 

さらに、当然自分一人の戦いになりますから、
もしあなたが
自己満足の間違った勉強法におちいってしまった
としても、だれも注意してくれません。

自分で気づくしかないのです。

 

 

 

以上を踏まえて、「独学」での勉強に向いている人とは、
自制心自己管理能力に長け、
あきらめない根性を持っている人と言えます。
ちなみに私は、スクールに通いました。
一人で計画を立てて勉強するとか、かなり苦手なので・・・。汗

 

 

ですから、独学というのは
決して多くの人にオススメできる勉強法ではないということを
強調しておきます。

 

独学の最大のメリットは、費用が安くすむこと。
ただしデメリットとしては、試験で問われる重要な部分を
自分で探さなければいけないことと、
自己満足の勉強におちいりやすいことです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る