管理業務主任者試験 | 暗記をしないと合格できないのか?

暗記しないと合格できませんか?

 

私は子どもの頃から暗記が苦手なのですが、暗記しないと試験には合格できないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

あなたが今からドイツ語や
イタリア語を勉強するとしましょう。
文法やリスニングなどももちろん大事ですが、
まずは単語を知らないと何も話せませんよね。

 

 

それと同じように、初めて勉強する人にとって、
法律の勉強とは「新しい言語」を学ぶようなものです。
耳慣れない「法律用語」を一つ一つ覚えることによって、
自分の知識に変えていくことができます。

 

 

極論を言えば、
人生で学ぶことの90%は暗記なのです。

 

 

よく司法書士などの法律試験の攻略法で、
「暗記が重要ではない」と言われますが、
ここで誤解してはいけません。

 

 

この言葉はなにも、「暗記をしなくてもいい」
と言っているのではありません。
暗記をしていることを前提とした上で
「暗記だけではダメ!」と言っているのです。

 

 

もちろん
管理業務主任者の試験勉強をする上でも
「暗記」することは大前提となります。
絶対に避けては通れません。

 

 

そもそも、暗記というものは、
とくにセンスを必要としません。
時間と集中力で解決する問題のはずです。

 

 

それでも苦手という人は、
暗記が苦手なのではなく、
単に集中することが苦手という場合が多いです。
そういう人には、「集中しましょう」としか言えません。
ジャンクフードなどの眠くなりやすい食事を避けたり、
モチベーションを維持する工夫をしたりして
乗り切るほかないでしょうね。

 

 

ちなみに、私も集中することは超苦手です。
いくら集中しようとしても、15分くらいで途切れます。
学生時代は文系でしたが、
暗記モノの「歴史」でどうしても点数を取れなくて、
英語と国語だけで合格できる大学を選んだほどです。

 

 

そんな私でも、管理業務主任者試験に
しっかり合格できました。
「ゼッタイに受かりたい!」
という気持ちを持っていたので、
何とか乗り切れたのだと思います。

 

 

私にできたのですから、あなたにもできるはずです!
学問に王道はありません。
愚直に、コツコツ積み重ねてください。

 

法律を学ぶのは、新しい「言語」を学ぶようなもの。
暗記なくして「言語」の習得は不可能!
管理業務主任者試験合格では、暗記は避けて通れません!

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る