管理業務主任者試験 | 合格率70%の国家資格とは?

実際にあった!第一回の合格率が70%の国家資格!

スポンサーリンク

 

2010年6月18日の貸金業法4条施行により、
貸金業者(AコムさんとかPミスさんとか・・・)は、
貸金業務に従事する者のうち50人に1人以上
「貸金業務取扱主任者」を配置しなければ
いけなくなりました。

 

 

そして、2009年に初めての試験が行われたのですが、
それから今までの結果は以下のとおりです。

 

受験年度

受験者数

合格者数

合格率

平成21(2009)年 第1回

44,708人

31,340人

70.1%

平成21(2009)年 第2回

16,597人

10,818人

65.2%

平成21(2009)年 第3回

12,101人

7,919人

65.4%

平成21(2009)年 第4回

8,867人

5,474人

61.7%

平成22(2010)年 第5回

12,081人

3,979人

32.9%

平成23(2011)年 第6回

10,966人

2,393人

21.8%

平成24(2012)年 第7回

10,088人

2,599人

25.8%

 

合格率70%!!Σ( ̄□ ̄lll)

 

 

すごいですね!第一回の試験はだいたい合格です!
その後も、2009年に4回行われた試験は、
どれも合格率60%以上です!

 

 

そして2010年は33%まで下がり、
以後、20%代が2年続いています。

 

 

これはおそらく、
すでに必要数は確保できたということでしょうね。
おそらく、これからも20〜25%くらいの合格率で
安定するでしょう。
現在では、しっかり勉強しないと
合格できない試験になったと聞いています。

 

 

この試験も、楽に合格する方法は、
初年度に受験することでした。

 

 

ちなみに私はこの試験ができることを
前もって知っていたので、
まわりの友人などに受験することを勧めましたが、
実際に受験した人はいなかったようです。

 

もったいない!(笑)

 

 

「@最初の2年間の合格率が異常に高いのは…」
でもお話したとおり、
設置義務が生じる国家資格では、
しばしばこういうことが起こります。
今後もこういった機会があるかもしれませんね。

 

 

そんなときは、ぜひ必要最低限の勉強をして
受けてみることをオススメします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

≪前のページへ  次のページへ≫

 

>>管理業務主任者 最速合格塾! トップページへ

 

おすすめの管理業務主任者講座

 

プロの講師が行う講座を利用することは
「時間をお金で買う」ということです。

 

独学で合格することももちろん可能ですが、
もし今年確実に合格したいなら
回り道をせずツボを押さえた勉強ができる
受験機関の講座の利用をご検討ください。

 

通勤講座 フォーサイト

スマホをつかってスキマ時間に受講できます。今の時代に管理業務主任者の勉強を始めるなら、こちらが一番効率よく勉強できるでしょう。受講料が格安なのも魅力です。

≫公式HPへ

資格の通信教育では老舗の会社です。教材はカラーで見やすく、続けやすい講義が特徴です。毎年多数の合格者を輩出しており、通信講座の中では格段に信頼できます。

≫公式HPへ

 

トップへ戻る